ミノキシジルタブレット服用1日目から顔の形が変わるほど浮腫んでし

ミノキシジルタブレット服用1日目から顔の形が変わるほど浮腫んでしまいます。
服用を止め、一週間くらいで徐々に浮腫みは解消されていきましたが、その期間に職場内でも激太りだと言われまし た。
たまたま調子が悪いのかなと思いまして、期間を空けて服用しましたが、結果は同じでした。
最近ハゲてきているので、ミノキシジルタブレットに変わる薬を探していますが、良いものはありますか?
因みに、今はハツモールの頓服薬を代用していますが、効果のほどは不明です。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
日本ではミノキシジルタブレットが育毛薬として認知されているのですがこの薬を開発したアメリカでは育毛薬としての治験を2年行った結果、育毛効果が限定的にも関わらず、服用時の管理が難しいことも却下されました。
却下された理由は正に今回感じている浮腫みが原因です。
今年の11月にザガーロという育毛薬が日本で処方がされますが正しい知識がないと大変リスクのある薬です。もしザガーロに言われるほどの効果があれば有効成分としているデュタステリドがより高い濃度で配合され、日本でも13年前から前立腺肥大薬として承認されていたアボルブを服用していた患者などが毛が生えたと話題にしていたはずです。
ザガーロの臨床試験の結果や副作用。プロペシアやフィンペシアの副作用や後遺症についてもブログで紹介しています。
ハツモールなどのサプリメントを含め、服用は手軽であり、体の中から作用するので薄毛箇所全体に作用するイメージがありますがけしてそのようなことはありませんし副作用のリスクは高まります。
ミノキシジルタブレットでの体毛の増加は日本でも知られていますが一番の問題は浮腫みです。一般的には顔や瞼の浮腫みは知られていますが排泄機能が低下することで水分が排泄できず、肺や心臓に水が溜まり、心臓機能の低下が生じる恐れがあるといわれています。
ミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)は血圧抑制剤として製造処方されている薬を日本ではミノキシジルが配合されている服用薬であることから育毛薬として転用しているだけです。
日本では血圧降圧剤としても認可されていませんが血圧降圧剤として海外で処方されているミノキシジルタブレットを医師や輸入し処方や個人輸入代行サイトが販売しています。
ミノキシジルタブレットを開発したファイザー製薬の医薬品各条(医薬品の説明書)には育毛薬や頭髪の成長という記述は一切されておらず、本来の血圧抑制剤として服用する場合において体毛の中でも顔の体毛の増加が見られると書かれています。顔の産毛、特に眉と眉の間や眉からの生え際の間の毛(毛髪ではなく、体毛)が増加する事例がみられるともかかれています。
この副産物的、影響により、薄毛箇所に産毛が生える可能性はありますがこれはあくまでも頭髪にように長く成長する訳ではなく、これ以外の腕や足の体毛も増加することが記載されています。
これらの症状は服用を中止すれば抜け落ちると書かれており、血圧降圧剤として長期服用された治験において得られたデータとして半年ほど経過した時点で服用開始後に増加した体毛が落ち着いてくるということは医療関係や薬剤師が目にする医薬品各条に記載されています。
また長期的な服用をできるような薬でないことも育毛薬として却下された理由です。ですが日本の育毛病院は服用を中止すれば脱毛するので継続を薦めていますが検査や併用薬もなく、ロニテンの特性を理解していない医師が気軽に処方し、患者も服用できるような薬ではありません。
服用前や服用中の血液検査や月に一度のエコー検査に必須とされる併用薬を必ず服用するのが必須ですが質問者様が病院で処方を受けたとしても検査も行わず、併用薬の処方も受けていないと思います。
ミノキシジルタブレットで効果がないとプロペシアやフィンペシアのようなフィナステリド製剤を併用する方が多いですが日本の医師は髪が生え戻る薬のような説明をしていますが正確には臨床試験によっても髪が生え戻るほどの改善を遂げられたのは132人中、0.8%程度で大半の86%以上の方は軽度の改善または不変(変化なし)という結果でした。プロペシアでは髪が生え戻るというまでの効果を得られるのは100人中、一人以下です
特に今年に入り、これまで知られていないフィナステリドの新たな研究がいくつも発表されました。
2015年7月23日に薬理学の専門医療ジャーナルは1998~2013年に18~45歳の低用量フィナステリド製剤を服用し報告された4910件の有害事象から性的不能や自殺衝動が確認されたと発表しました。
2015年6月6日に海外の生化学(細胞やホルモン)の研究でHormone molecular biology and clinical investigationの発表した学術論文で良性前立腺肥大にフィナステリド製剤を使用した患者にEDや性欲減退症状がみられ、さらに男性ホルモンレベルも低下すると発表されました。
これまで服用目的がAGAや前立腺肥大に関わらず、男性ホルモンには作用しないといわれておりましたが継続的な調査を行ったところ、承認された当初ではホルモンへの影響の検査などが十分行われていませんでしたが関連性が正式に検証されました。
副作用や後遺症はすべての方に起こるものではありませんが日本でプロペシアを処方する医療機関や一部の医師が副作用や後遺症は一切ない薬であるという見解は全く誤っています。
医師が処方している薬であるからザガーロやプロペシアは安全だと考えている方がこの薬の服用を検討している患者だけではなく、プロペシアを処方している日本の医師もそのような説明をしている方が多くいらっしゃいます。
ポストフィナステリドシンドロームの最大の問題は薬の服用中だけ上記のような症状が出るだけではなく、服用を中止しても上記症状が継続する恐れがあり、副作用ではなく、後遺症として症状が残る可能性があることです。
プロペシアやフィンペシアの副作用や後遺症について別の方のご質問に詳しく回答をしています。
日本ではまだ周知されていない低出力レーザーも新たな育毛法として治験を経て低出力レーザーは一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)によりAGA型脱毛への育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています。
日本では低出力レーザーの育毛効果が周知されていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされていますがプロペシアではDHTの影響を抑制するとされていますが低出力レーザーはATPの増加も確認されており、抜け毛の抑制や髪のハリの改善だけではなく、髪が生えだすという効果まで確認されています
年6回発行されるAmerican Journal of Clinical Dermatology (米臨床皮膚医学ジャーナル)の2014年の最新号にも低出力レーザーの育毛効果や臨床データが紹介されています。世界でも権威のある臨床皮膚医学ジャーナルです
同様の機械を紹介するHPで恰も低出力レーザー全体が承認されたような説明をしているメーカーがありますがそれぞれに照射される波長や出力が違います。
実際、FDAでの検証を得て承認されたのは2機種のみですがブラシ型の12個のレーザー照射口のHairmaxや80個のレーザーをヘルメット型でただ被るだけで育毛効果を得られるtheradome(セラドーム)という製品があります。
Theradomeはただ被っていただくだけで1回のご利用で20分間、頭皮に隙間なくレーザーが照射され続けるのでご本人の使い方で照射具合にムラが生じる心配はありません。
その点、1回が15分のHairmaxの場合はご自分で小刻みに移動させ、頭皮全体にレーザーを照射するので各箇所に照射されているレーザーの時間が短くなる分、同じ期間、Theradomeをご利用いただいたほうが回復効果は早いと思います。
何よりリスクが全くなく医学的に効果も証明されています。
ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛の育毛効果についての学術発表が行われ、髪の生成が活発化されると結論を出しています。
全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会(ISHRS)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しています。
Hairmax やTheradomeの回復例や低出力レーザーの育毛効果について知恵ノートでより具体的に紹介しています。
添付した画像はTheradomeやHairmaxを使用しての回復例です。
ミノキシジルタブレットやプロペシアを使用せずご自宅でのケアで回復された最新の育毛法の低出力レーザーや発毛成長因子のFGF-7をエレクトロポレーションを使用してのノンニードルメソセラピーがございます。
HARG療法も話題となっていますが海外の毛髪学の研究者の間では懸念が発表されています。
お住まいが何県かわかりませんが愛知県近郊にお住まいであればAGAや育毛についてご相談があれば名古屋駅近くで直接お会いし無料で育毛の相談を承れます。
20年の美容師を務め、国内外の育毛事情も承知し都内の医療機関でも育毛カウンセラーを務めた経験があります。
こちらのサロンの育毛コースはすべて、国内外の毛髪学の研究者によって効果が証明されている育毛器や育毛剤を取り揃えています。
発毛促進因子「FGF-7」を特許取得技術の針を使わない ノンニードル・メソセラピーにより、毛母細胞にFGF-7を導入するエレクトロポレーション(電気穿孔)導入技術を採用した育毛システムを提供しています。
愛知県や名古屋にお住まいじゃない方でも一度来店していただき、これまでの症状や取り組まれた育毛ケアの内容。頭皮や毛根の状態を拝見できればご自宅で同等の育毛ケアを行える方法をご紹介ができます。
AGAやプロペシアの影響。服用している育毛の為のサプリメントの効果判定をするための血液検査を医療機関と提携し行う準備も進めています。
遠方からでもご相談に来ていただく価値はあります。
ご興味があれば「メンズサロンCOCO」と検索していただくかyahooブログで回復例をご紹介しています。
◆頭皮カターイとヤバーイらしく、シャンプーの際に頭皮マッサージが効くという話があります。
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!