家系にハゲがいないのに自分がAGAになることってありますか?

家系にハゲがいないのに自分がAGAになることってありますか?
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
AGAの原因は遺伝だけではありません。
分かりやすく書いておきますね。
体毛数は生まれてからほぼ一生変わりませんが、なぜ、途中から薄毛・AGAになるのでしょうか。毛には「毛周期」という成長のサイクルがあります。そして頭皮の下に埋まった毛の部分には、再生の元になる幹細胞があり、さらには先の毛球部に細胞分裂を繰り返す毛母細胞と、毛母細胞に種々の成長因子のシグナルを送る毛乳頭があり、これら相互の働きによって毛が伸びていきます。
AGA(男性型脱毛症)が始まると、成長期の長さが短縮され、その割合も減少し、休止期の毛が多くなります。こうなると、細くて短い毛の状態で成長期が止まり、次の毛が生えるまでしばらく期間があくことになります。太い毛の数が減って、細くて短い毛が増えると、頭皮を隠す直径の太い毛が足りないので、髪のすき間から地肌が透けて薄毛の状態になります。
♦︎なぜ髪は薄くなるのか♦︎
毛髪は人体の臓器の一つです。他の臓器は完成すれば一生変わりませんが、毛髪は組織の退行と再生を規則的なサイクルで繰り返し、生涯に何度も生まれ変わります。それにもかかわらず、薄毛で悩む男性が大勢います。再生できるはずの髪が、なぜ少なくなるのでしょうか。多くの男性の薄毛の原因は男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるもので、主な原因は、男性ホルモン、酵素、遺伝、年齢の四つです。思春期から壮年期以降に遺伝的要素と男性ホルモンが原因となり、男性型脱毛が始まります。
男性は思春期以降、急激に男性ホルモンが増えますが、この男性ホルモンが薄毛・AGAに大きな影響を与えています。髪の毛根には5αリダクターゼという酵素が存在しており、血液中に流れてきた男性ホルモンの「テストステロン」は、この酵素の作用によって強力な「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。
テストステロンには毛を太くする作用があり、これ自体が薄毛・AGAの原因になることはありません。ところが、DHTはテストステロンよりもホルモンの活性が10~30倍も強いため、毛を作り出す毛母細胞の働きを弱めてしまいます。その結果、薄毛・AGAを引き起こします。
◆男性ホルモンが脱毛ホルモンに変わる「AGA」なんてことを信じているんですか?血中の女性ホルモンが減ると薄毛になり抜けていく原因の一つになるのです。特に頭頂部、前髪など血液が届きづらいところから進行していくものなので誰でもなってしまう可能性はあります。もし。薄毛にお悩みなら、以下のことを実践してください。.薄毛、抜け毛は生活習慣病です。頭皮は髪の畑です。髪は血液から栄養をもらっています。育毛剤からではありません。加齢による動脈硬化や運動不足、女性ホルモンの失調で頭のてっぺんまで血「栄養」が上りづらくなれば誰でも薄毛になり、抜けていきます。また頭皮は全て毛細血管なので頭頂部、前髪には特に血液が届きづらくなる為に薄毛、抜け毛が進行するんです。毎日2キロのスロージョギング等「有酸素運動」で育毛剤以上の効果をえられます。毛細血管も発達します。即効性の就寝前、横になった状態で頭皮マッサージも必要です。また市販されている育毛剤「リアップ等」は全て血流を良くするものです。ですから必ず頭皮マッサージをしてください。と説明書きがあるはずです。あとは栄養ですね。納豆巻を毎日1本、青魚、低脂肪ヨーグルト、野菜を食べてください。どんどん回復しますよ。普段シャンプー「どんなシャンプーも同じです。」をする前にブラッシングをして充分なゆすぎが大切です。シャンプーの化学化合物が毛根に吸収されると毛根細胞を痛めるからです。そして乾かしてください。その他帽子、ヘルメット、パーマ、毛染め、ワックス、たばこ、ダイエットは薄毛を進行させます。海苔、酢飯、納豆それぞれに育毛効果がありそのバランスがとてもいいんです。一ヶ月で効果がありますよ。また、ダイエットをしても納豆巻きだけは食べ続けてくだい。
◆AGAの原因は遺伝(厳密にはAGAになりやすい体質の遺伝)などもありますが、それだけではありません。
ですので、遺伝以外のことが原因でAGAになってしまう可能性は充分にあります。
例えばこちらにAGAセルフチェックが書いてありますので、もし質問者さんがAGAではないかと気にしているのであれば、一度チェックリストを試してみてください。
◆生活環境はAGAと全く関係ないですので気にしないでください、誤った情報です
身内にAGAの方がいなくてもAGAになることはあります
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!