kaminonayami_net様、お時間がありましたら教えて下さい。 ネットで色

kaminonayami_net様、お時間がありましたら教えて下さい。
ネットで色々な情報を収集して頭頂部のハゲ(薄毛)治療をしています。 フィンペシア(1mg/日)、塗りミノ(ポラリス08)、亜鉛、ビタミンB群、L-リジンで治療をしています。
1年半ぐらいが経過したのですが、髪の毛は太くなったのですが、薄毛(禿げてしまった部分)の部分の髪の毛が生えてきません。
ミノタブは副作用がきついので半年ほどでやめました(効果もなかったので)
最終的には植毛を考えていますが、植毛をしたら傷が残るので丸坊主にすると目立つようです。
植毛をする前にミノキシジルの効果がない人でも薄毛の治療方法を探していたら、
kaminonayami_net様の知恵ノートを拝見させて頂きました。
素晴らしい薄毛治療の情報がたくさんまとめてありました。
上記はグロースファクター、VEGF育毛剤、エレクトロポレーション、低出力レーザーを使って治療をしたとあり、さっさく商品を探したのですが、どの商品か見つけ出すことができませんでした。
グロースファクターの商品はたくさんありますが、肌と育毛剤 2つのタイプがありましたが、どれになるのでしょか?
VEGF育毛剤もいくつか種類があり、どれがお勧めなのか教えてほしいです。
エレクトロポレーションは、育毛エレクトロポレーション(ホームケアタイプ)のこととわかりました。
低出力レーザーは、ヘアマックスのことでしょうか? ブラシ型とヘルメット型があるようですが、頭頂部なのでヘルメット型を考えています。
質問ばかりで申し訳ありませんが、どのような商品を使って発毛したのか教えて頂きたいです。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
現在ご利用になっているフィンペシアや塗布用ミノキシジルに含まれる成分は育毛効果は認められていますがそれが現在ご利用になっている商品がもっとも正しい選択肢であるかは別の話です。
知恵ノートでもご紹介していますがご利用になっているフィンペシアがどこの国で生産されたものかによっても医薬品としての信憑性がかわってきます。
アメリカ国内で医療機関で処方されているフィンペシアや日本国内で承認されているプロペシアのジェネリック薬は品質を含め保証されていますが輸入代行業者などが販売しているフィンペシアなどの東南アジアやインド産の医薬品の品質には疑問がございます。
また原材料レベルの話になると週刊文春やニューズウィークで記事が書かれていたようにジェネリック薬であるから正規薬と全く同じ成分や配合量で製造されている訳ではなく、さらにジェネリック薬として製造されてから改めて効果や安全性に対しての臨床試験が行われている訳ではありません。
またフィナステリドやデュタステリドの副作用が5aリダクーゼⅢ型によって引き起こされている可能性が発表されましたが育毛の為に安易に服用薬で治療をすることには多大なリスクがあります。
5%を超える塗布用ミノキにしてもポラリスのような周知されている会社が販売している商品であることからロゲインやリアップのような安全性と効果を精査するための臨床試験が行われた育毛剤であるとお考えの方がほとんどですが実は5%以上の濃度のミノキは成分の特許が終了後に各社がより成分濃度の高い塗布用ミノキシジルを開発しただけで臨床試験は特に行われないまま販売されています。
亜鉛にしても不足しているのであれば補うことは必要ですが近年亜鉛の過剰摂取や過多な状態は逆に鉄分を欠乏させることが問題になっています。
適量も服用される商品によって摂取量の表示はバラバラですが日本人の食生活は他国に比べると亜鉛が比較的摂取する量が多く、毎日の継続的な亜鉛の摂取は逆に体にとってマイナスになる可能性が報告されています。
リジンなども一部の育毛医療機関や輸入代行が効果を増幅するためにリジンを推奨しているようですが服用することによって育毛に有益に作用するという実証データはほとんど発表されていません。
幸いにも髪に改善が見られているようですがお話の通りそれ以上の回復を期待するのは無理だと思いますしフィナステリドの服用を継続される限り、副作用のリスクは付きまといます。
ご欄になられた知恵ノートは既に2年ほど前のもので現在はかなり状況が変わっています。
まず御注意いただきたいのはエレクトロポレーション器も一般的なホームケア用と自宅でお使いいただけるハイパワーモデルでも効果に大きな差がございます。
同じ育毛剤でも導入力に違いがあり、同じ期間、使用してもその性能によって回復にようする時間が大きく変わります。
グロースファクターの育毛剤も肌用と育毛用では全く違います。
さらに注目されている成分ですので昨今、様々なメーカーが販売を開始していますが成分濃度をが記載されていなかったり、ネットで話題の他の育毛成分と混ぜ合わせ、より高い効果が得られると宣伝しているものがあるようですがその二つを混ぜ合わせ、本当に安全かという実証実験が行われていない商品もあります。
グロースファクターの育毛剤にしても配合されている成分の組み合わせも重要ですがそれが配合されている成分量によっても効果や改善に要する時間もかかり、使用頻度もかわってきます。
適切な保管方法にも配慮が必要です。
それ以前にエレクトロポレーションを使用することでより高い浸透能力を得たいのであればその育毛剤の中に通常レベルの防腐剤や刺激物は配合するとかえって被れやトラブルを誘発する恐れがあります。
もしHARGや育毛メソセラピーと同様の育毛ケアをされるのであればお使いになるグロースファクターはエレクトロポレーションで導入するように開発されている育毛剤以外は使用できません。
VEGFの育毛剤も一部の育毛剤メーカーが主成分として配合していますがVEGFの効果を安全かつ効果的な方法で育毛剤の成分にするのは大変難しく、私が知る限り、それに成功し、第三者機関で効果や安全性が証明されている商品は世界に一つしかありません。
低出力レーザーのブラシ型としてご紹介しているのはhairmaxですがヘルメット型はhairmaxのlaserbandではなくtheradomeという低出力レーザー育毛器です。
FDAの検証を得て承認されたのは2機種のみですがブラシ型の12個の育毛器、Hairmaxや80個のレーザーをヘルメット型でただ被るだけで育毛効果を得られるtheradomeです
ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛の育毛効果についての学術発表が行われ、髪の生成が活発化されると結論を出しています。
1回が15分のブラシ型のレーザー育毛器の場合はご自分で小刻みに移動させ、頭皮全体にレーザーを照射するので各箇所に照射されているレーザーの時間が短くなる分、同じ期間、Theradomeをご利用いただいたほうが回復効果は早いです。
またTheradomeは従来の低出力レーザーの効果を維持しながら、さらに同時に血行促進効果も備わっています。
自毛植毛手術の件数で世界でトップクラスであり、植毛以外にも先進的な育毛治療をISHRSで発表している米国のBosley病院やBersnstein Medical病院でも低出力レーザーのTheradomeを取り扱っており、8割以上の患者様が利用しています。
その具体的な違いは別の方にしている回答でより詳細に説明していますので以下をご覧ください。
ご質問者様の年齢や現在の状況。薄毛に見舞われてどれくらいの期間が経過していることもポイントとなり、それによってもグロースファクター、VEGF、エレクトロポレーション、低出力レーザーの組み合わせや使用頻度が大きくかわります。
参考にしていただいた知恵ノートでご紹介をした回復例よりもさらに状況が深刻だった方もご自身で回復されましたが単に上記の成分を配合した商品や同じ機械を揃えていただいたとしても同じ効果は得られませんし2年前の知恵ノートを書いた当時よりも優れた組み合わせや方法が現在はあります。
薄毛の進行度合いやこれまでに取り組まれたケア内容。今後どのような方法を取っていくかによってもご自宅でご自身でできる育毛ケアでも劇的な改善を期待することも可能となります。
ただその為にはもう少しご相談者様の情報が必要となります。
もし愛知県までお越しいただけるようであればAGAや育毛についてご相談があれば名古屋駅近くで無料で育毛の相談を承れるサロンがあります。
また通う事が無理でも東京や大阪からもご相談に来られ、自宅で行える育毛ケアをお伝えし改善されている方も沢山おられます。
私は20年の美容師を務め、都内の医療機関でも育毛カウンセラーを務めた経験があります。
国内外の育毛事情も承知しています。これまでご自身で行った育毛の間違いや国内の医療機関で提供されている育毛治療の現状。
プロペシアやミノキシジルタブレットがなぜ効かないか。プロペシアの副作用や後遺症の最新の知識をアメリカのポストフィナステリド財団と連携しご相談も伺います。
ご本人の頭皮や毛根の状態を確認させていただけるとより具体的なアドバイスが可能でその方にとってご自宅で行える最適な育毛のアドバイスができます。
また通っていただけるようであれば短期に安全かつ効果的なレベルの育毛メニューをメンズサロンCOCOでは大変お値打ちに取り揃えております。
ご興味があれば以下のメンズサロンCOCOのHPをご欄いただくか「メンズサロンCOCO」と検索してみてください。
Men’s Salon Coco
もしより具体的な情報や直接のご相談を希望であれば知恵ノートだけではなく、yahooブログでも育毛情報をご紹介しています。
その中には先にお話をしたプロペシアのフィナステリドやザガーロのデュタステリドが誘発する5aリダクターゼⅢ型の問題や様々な情報をご紹介しています。
さらに知恵ノートやyahooブログ以上に最新の情報を紹介しているアメーバブログの記事のリンクも張っています。
その中でご興味をお持ちいただいているグロースファクター育毛剤やハイグレードのエレクトロポレーション、VEGF育毛剤や低出力レーザーについてもより詳しく言及しており、回復例も多数紹介しています。
参考までにグロースファクターやエレクトロポレーション、VEGF、ヘルメット型低出力レーザー器のTheradomeをご自身で使用しての回復例です。
さらに情報を希望されるようであればyahooブログに掲載しているアメーバブログをご欄いただくか「育毛発毛 アメーバ」と検索してみてください。
◆貴重なアドバイスと情報を大変ありがとうございます。
先生のサイトを読ましていただいてから、カウンセリングを受けたいと思います。
またその際は、お世話になりますがよろしくお願い致します。
色々とアドバイスを頂きありがとうございます!
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!