やばいです。受験生なのに、ハゲ(薄毛)ことが心配で、頭おかしくなり

やばいです。受験生なのに、ハゲ(薄毛)ことが心配で、頭おかしくなりそうです。 AGAにならない為に何をするべきか分かりません。いろいろ調べてみて
男性ホルモン減らすというのは、効果が
あるみたいですが、男性ホルモン減らしても、テストステロンを減らさないとダメだとか…..
とりあえず男性ホルモン減らす為に豆乳飲んでみます!
でも、テストステロンの減らし方が分かりません。どうしたらいいですか?
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
若いんだからテストステロンは、どんどん増やしていかないともてないよ。
悪役はジヒドロテステステロン(DHT)ですね。
テストステロンが5αリダクターゼと反応することで変換されてできるものです。
こいつが、前頭部、頭頂部では髪を軟化させ、髭を硬化させる。困ったやつです。
では、どうしたらDHTを抑えるか、
テストステロンと5αリダクターゼの結びつきを阻害するかがハゲ予防基本対策その1です。
手っ取り早いのが医薬品の使用です。フィナステリドは5αリダクターゼを制御し、DHTの生成を抑えます。しかし、効かない体質もあり、重篤な副作用も皆無とは言えず、ホルモンにも影響があるため専門医の診断、管理の下の使用が原則になります。
一番安全でお勧めなのは、健康的な生活習慣を心がけることです。
早寝早起き、ミネラルやタンパク質のバランスのとれた食生活、適度な有酸素運動、禁煙、節酒、シャンプーのすすぎは十分にすること、ストレスを溜めない、余裕があれば安全な育毛剤を使用してみる。こんな日常でDHTの生成を抑え、AGAの進行を遅らせる効果が期待できるのです。健康な頭皮、細胞、血管を維持することですね。
国立がんセンター予防研究グループが血中イソフラボン濃度と前立腺がん罹患との関連についてという興味深い研究の報告をされています。それには、「イソフラボンは、テストステロンからより活性の強いジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用を持っています。」と書かれています。
豆乳に含まれるイソフラボンがどの程度薄毛に影響を与えるのかは不明ですが、豆乳には他にも髪に良い栄養素が様々含まれているようで、飲んで悪いことはないようです。因みに1日200~400mlほどに、飲み過ぎにはご注意を。
規則正しい生活習慣と適当に豆乳飲んで生き生きとした日常を送ることで、ハゲのことで頭おかしくなりそうな状態から早く脱出してください。
そのうち画期的な育毛・発毛剤が開発されるかもわかりません!
出典:国立がんセンター 予防研究グループ
血中イソフラボン濃度と前立腺がん罹患との関連について
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!