17歳の高校三年生です。 写真を見ると高校1年の時と比べて今の生え際

17歳の高校三年生です。
写真を見ると高校1年の時と比べて今の生え際が全体的(特に左のMの所)に確実に後退しています。 それは自分でも気にしていたのですが、友達にデコを見せる機会があり、そのとき友達に笑えないくらいキテるねと言われ、ますます気になるようになりました。
髪質は生まれつき細い方です。食生活は魚が嫌いで肉をよく食べます。ほぼ毎日アイロンやワックスを使って髪をセットしています。親はデコは広い方ではあるけどハゲではありません。
親に相談し、気にしすぎると良くないと言われたので気にしないで生活し、食べ物に気を使って生活していました。
しかし何気なくデコを見たら前より少し広くなっていました。
髪を太くする方法、生え際の後退の阻止方法、生え際の復活方法、効果の
ある育毛剤などなにかハゲに関してできる事をできる限り教えてください。
本当に悩んでいます。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
本格的に育毛をするなら、亜鉛、ノコギリヤシやビタミンB群、ビタミンE、フィーバーフュー、イソフラボンなどが必要です。
注意…過剰摂取はやめましょう。
【抜け毛に良い食べ物】
大豆イソフラボン、セサミン、亜鉛を含む食べ物を食べると抜け毛予防&薄毛対策に効果的です。
セサミンはゴマからでは中々摂取できませんのでサプリでとられると良いそうです。
そして、納豆は大豆イソフラボンと亜鉛を両方含む食べ物です。納豆が嫌いという方には豆腐がお勧めです。
亜鉛は牡蠣、しじみ、エビ、牛肉、小麦、卵、ゴマ、チーズ、和牛もも肉、豚レバー、うなぎ蒲焼き、豚もも肉、納豆、鶏レバー、鶏ささみ、煮干に多く含まれています。
まぐろ、かつお、いわし、さばにはビタミンB6が多く含まれており、これらの食材は特におすすめです。
セサミンは、ゴマから必要量を摂取するのが難しいです。サプリでとるのがいいと思います。
コンビニ弁当やファーストフードはNG‼︎
【適度な運動を】
1回30分以上の有酸素運動を週3回以上続けると毛細血管の数が30倍から50倍になると言われており、毛細血管の数が増えると血液が体中に行き渡りやすくなり、血流がよくなって毛乳頭まで栄養が届きやすくなります。
自律神経の乱れも薄毛の原因の一つなので、自律神経を整えると薄毛の改善につながります。
自律神経が整うと良質な睡眠をとれるようになったり、ストレスを解消できるためです。
ストレスや睡眠不足には注意して下さい。
抜け毛が気になるならシャンプーは、育毛用の物に変えましょう。
頭皮マッサージは、シャンプーの時や、気分転換したい時に行います。まずはこめかみから耳の上方にかけて両手の親指以外の四本の指をあて、耳を包み込むように親指を後頭部において固定させます。そしてそのまま親指を固定した状態で、残りの四本の指で円を描くようにマッサージしていきます。
このとき決して爪を立てず、指の腹を使って押さえる様にマッサージしましょう。
頭皮の血行は下から上へ流れていますので、マッサージも血流に沿って下から上へと行うのが効果的です。
マッサージのやりすぎは頭皮に負担をかけてしまうので、1日5分程度が目安です。
睡眠不足や質の悪い睡眠は、頭皮環境の悪化をまねきます。睡眠中は成長ホルモンが盛んに分泌され、その中で新しい皮膚細胞が生まれています。
つまり、健康な頭皮は睡眠中につくられますので十分な睡眠が不可欠な訳です。
【M字用育毛剤】
薬用プランテルはM字型に悩む人のために開発された、厚生労働省認可の薬用育毛剤です。
M字型の原因とされる男性ホルモンに対抗する成分「ヒオウギエキス」が贅沢に使用されており、3大育毛成分「センブリエキス」「セファランチン」「グリチルリチン酸2K」と7種の自然由来の成分を配合しされ発毛を促します。
髪をしっかりとロックできずに脱毛が早まり、さらに栄養(血流)が送られないために新しい髪も細くなってしまう。これが薄毛のメカニズムです。
薬用プランテルの有効育毛成分は、「脱毛をブロックする機能」と「毛生促進・発毛促進による攻める機能」を複合的に組み合わせることで、乱れた毛髪周期を本来の姿へ導きます。
◆まず、肉ばかりだと脂ギッシュになり、頭皮には悪いです。
ワックスも、綺麗に落とさないと地肌に残ってるんですよ?
その短期間でそれだと、20歳すぎるくらいには手に負えないですね。
まず生活習慣の見直し、シャンプーをスカルプに変える、美容院にいけば、育毛剤があります。
髪が強くなります。
ハゲてからでは効果はありません。
あと、育毛剤中くらいはワックスやめてください。
アイロンで引っ張るのも毛を痛め、抜ける原因です
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!