19歳ですがこれってハゲの予兆ですか? ちなみに母の家系はふさふさで

19歳ですがこれってハゲの予兆ですか?
ちなみに母の家系はふさふさですが、父方の方はおばあちゃんがハゲてます。
この写真はお風呂上がりのときに撮りました。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
予兆的な感じはしないですね。
頭皮の色も白くて綺麗ですし
つむじ周りしか頭皮は透けて見えません。
遺伝は母方の祖父から隔世遺伝するそうです。ハゲが遺伝するのではなくハゲやすい体質が遺伝するそうです。
それとストレスは抜け毛の大きな原因のひとつです。
プラス寝不足も良くありません。
参考迄にお読みください。
一般的に、思春期における抜け毛は通常の男性に起こる抜け方とは異なり、一定の期間を過ぎると回復することがほとんどです。
つまり、思春期という精神的に不安定になりやすい時期を過ぎれば再び髪の毛が生え始めるということです。
男性型脱毛症(AGA)と異なり治る可能性が高いため、思春期に起こる薄毛はそこまで深刻に考えなくても良いと思います。
後、季節の変わり目に抜け毛が増えるというのはごく普通のことなのであまり気にする必要はありません。
【抜け毛、育毛に良い食べ物】
大豆イソフラボン、セサミン、亜鉛を含む食べ物を食べると抜け毛予防&薄毛対策に効果的です。
そして、納豆は大豆イソフラボンと亜鉛を両方含む食べ物です。納豆が嫌いという方には豆腐がお勧めです。
亜鉛は牡蠣、しじみ、エビ、牛肉、小麦、卵、ゴマ、レバー、チーズ、うなぎ、煮干に多く含まれています。
亜鉛は色々な食べ物に含まれているので摂りやすいですが、飲酒、ストレス、オナニーなどで消費されてしまうので気づかないうちに不足しがちな成分です。
髪はタンパク質からできているので、かぼちゃの種、クコ、黒ゴマ、こんぶ、すじこ、卵黄、・青魚(さば、いわし、アジなど)レバーなどのタンパク質を多く含む食べ物を食事に取り入れましょう。動物性タンパク質ではなく大豆食品などの植物性タンパク質を摂るべきで、大豆食品は大豆イソフラボンも含んでいるので抜け毛予防にも効果があり一石二鳥です。
緑黄色野菜はたんぱく質から髪を作る際に、必要なビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。
他には、ワカメ、海苔、昆布、もずく、ひじきなどの海藻類がミネラル豊富で健康な髪を育てるのに必要ですね。
後、ビタミンEは若さを維持するビタミン!血管をキレイにしたり、頭皮細胞を壊す過酸化脂肪の生成を抑えるはたらきがあります。
それに血管を保護し、血行も促進してくれて育毛に効果的です。
こればかりを食べるのでは無く、バランス良く色んな物を食べましょう。
その他の髪や頭皮に良いは鉄分、ノコギリヤシ、コラーゲンです。育毛を促進します。貧血は抜け毛を誘発します。
【適度な運動を】
1回30分以上の有酸素運動を週3回以上続けると毛細血管の数が30倍から50倍になると言われており、毛細血管の数が増えると血液が体中に行き渡りやすくなり、血流がよくなって毛乳頭まで栄養が届きやすくなります。
自律神経の乱れも薄毛の原因の一つなので、自律神経を整えると薄毛の改善につながります。
自律神経が整うと良質な睡眠をとれるようになったり、ストレスを解消できるためです。
簡単なストレス解消方法は「眠る」「体を動かす」「笑う」「泣く」です。
抜け毛が気になる場合は育毛用の低刺激シャンプーに変えましょう。
【頭皮マッサージ】は、シャンプーの時や、気分転換したい時に行います。まずはこめかみから耳の上方にかけて両手の親指以外の四本の指をあて、耳を包み込むように親指を後頭部において固定させます。そしてそのまま親指を固定した状態で、残りの四本の指で円を描くようにマッサージしていきます。
このとき決して爪を立てず、指の腹を使って押さえる様にマッサージしましょう。
頭皮の血行は下から上へ流れていますので、マッサージも血流に沿って下から上へと行うのが効果的です。
マッサージのやりすぎは頭皮に負担をかけてしまうので、1日5分程度が目安です。
【睡眠不足や質の悪い睡眠】は、頭皮環境の悪化をまねきます。睡眠中は成長ホルモンが盛んに分泌され、その中で新しい皮膚細胞が生まれています。
つまり、健康な頭皮は睡眠中につくられますので十分な睡眠が不可欠です。
此方のサイトに『ハゲやすい人•ハゲにくい人』の比較が書かれています。お時間のある時にでも読んでみて下さい。
◆全然はげてませんよ(^-^)
まだ、年齢もお若いので睡眠をしっかりとって、
食事もかたよりすぎなければ大丈夫ですよ。
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!