大学生になり髪の毛が少しだけM字になってきました。元々おでこが広く

大学生になり髪の毛が少しだけM字になってきました。元々おでこが広く髪質も細いです。頭頂部は全然禿げてません。髪も全然抜けてません。 このままだと将来怖いので、ネットで調べたのですが、チャップアップという育毛剤が1番いいと思いました。そこで質問なのですが、それをつけたらM字が治りますか?それをつけたら副作用で髪が抜け始めるということになりますか?
M字をどうしても治したいです。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
《回復のための栄養とは?》
生え際回復のための栄養素といえば、まず大事なのは
♦︎亜鉛
♦︎ノコギリヤシ
♦︎イソフラボン
の3つになります。
亜鉛とノコギリヤシ・イソフラボンで悪玉男性ホルモンを抑える。
亜鉛とノコギリヤシは、悪玉男性ホルモンを抑えるという意味で生え際の回復にとって非常に大事な栄養素です。
そもそも、生え際の薄毛や抜け毛というのはこの悪玉男性ホルモンによって起きているからです。
悪玉男性ホルモンというのは、正式にはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるホルモンです。
通常の男性ホルモン(テストステロン)が、生え際に滞留している特殊な酵素:5αリダクターゼと反応すると、この悪玉男性ホルモン(DHT)に変化してしまいます。
生え際がはげてくるのは、生え際に5αリダクターゼが存在しているからなのです。
だから、この5αリダクターゼを抑え込んでしまえば、生え際の回復に一歩近づきます。
そんな5αリダクターゼを抑えるのが、病院のAGA治療で使われる薬:フィナステリド・プロペシアなのですが、もっと手軽に摂れる身近なもので、同じように5αリダクターゼを抑える栄養素が、亜鉛とノコギリヤシなのです。
亜鉛は5αリダクターゼの活性化を抑制する効果があると共に、髪の成長に必要であるタンパク質のケラチンを助ける効果があります。
また、男性機能を助ける効果も期待できますから、生え際の回復にとってかなり重要な栄養素です。
同じように、イソフラボンにも5αリダクターゼを抑える働きがあります。
イソフラボンといえば豆乳.納豆などにふくまれるというのは聞いたことがある方も多いと思います。
病院で処方される副作用のあるような強力な薬だけではなく、こうした身近な栄養からも生え際の回復を狙っていくことはできるのです。
《食事で摂るには?》
《イソフラボン》はこの3つの中では最も食事から摂りやすい栄養素です。主に大豆製品に含まれています。
大豆製品ですから、豆腐、豆乳、納豆、味噌などから摂取できるんです。
《亜鉛》は牡蠣・レバー・牛肉などに豊富に含まれていますから、牡蠣やレバーをよく食べられるように食事のメニューを考えてみると良いでしょう。
しかし、亜鉛をどちらかというとサプリメントで摂る人が多いのは、牡蠣やレバーをつかった献立というのはあまりメニューに広がりが無く、すぐに飽きがきてしまうからかもしれません。
《ノコギリヤシ》も生え際の回復には欠かせないものですが、亜鉛と違ってノコギリヤシはノコギリヤシからしか摂取できません。
ノコギリヤシの実を食べるということになるのですが、この実は手に入りにくいです。
だから食事から摂る事が難しいため、サプリメントで摂取するのが主流になっています。
【薬用プランテル】はM字型に悩む人のために開発された、厚生労働省認可の薬用育毛剤です。
M字型の原因とされる男性ホルモンに対抗する成分「ヒオウギエキス」が贅沢に使用されており、3大育毛成分「センブリエキス」「セファランチン」「グリチルリチン酸2K」と7種の自然由来の成分を配合しされ発毛を促します。
髪をしっかりとロックできずに脱毛が早まり、さらに栄養(血流)が送られないために新しい髪も細くなってしまう。これが薄毛のメカニズムです。
薬用プランテルの有効育毛成分は、「脱毛をブロックする機能」と「毛生促進・発毛促進による攻める機能」を複合的に組み合わせることで、乱れた毛髪周期を本来の姿へ導きます。
◆私は、1年ほど前から薄毛が気になり始めました。
当時はチャップアップも考えたのですが、M字ハゲに特化しているという事で育毛剤『薬用プランテル』をしばらく使っていました。
こちらにあります。
約3ヶ月くらいで回復をしました。
もちろん、効果には個人差があるとは思いますが、私の頭皮・毛髪には合いました。
オススメいたします。
チャップアップも上記のサイトに1位で出ています。
ご参考までに。
◆副作用は無いと思います。もちろん効果も無いと思います。大学生であんなサイトを信じるなんて、相当三流大だね。
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!