育毛剤についてです。 27歳でだいぶM字が進行してきて、前髪を下ろし

育毛剤についてです。 27歳でだいぶM字が進行してきて、前髪を下ろしたら隙間がでくるくらいになりました。
禿げるくらいなら死んだほうがマシという思考なので、良い育毛剤あれば教えてください。
過去にリアップX5を使用していましたが、効果が分からずやめました。
今人気のチャップアップやプランテル、ポリピュアなど考えていますが、実際使用した方でどの育毛剤が間違いないですか?
自分で言うのもアレですが、顔はまぁまぁなので本当ハゲだけは勘弁です。ヨロシクお願いします。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
>過去にリアップX5を使用していましたが、効果が分からずやめました。
どれくらいの期間使っていましたか?
↑オフィシャルサイトに臨床データが載っていますが、3ヶ月程度じゃ効果は全然出ません。
死んだほうがマシと思うくらいであれば、上記のような薄毛治療専門のクリニックで診てもらうことをオススメします。
ハーグ療法のような専門治療も受けられますし、育毛剤の効果を客観的に判断してもらえます。
◆お話を聞く限りおそらくAGA(男性型脱毛症)の可能性が高いです。
AGAは男性特有の病気のため育毛剤では対策というか、効果がありません。
厚生労働省で認可されたプロペシアやミノキシジルといった医薬品のみが唯一の治療法となります。
死んだ方がマシとおっしゃる程本気でいるなら、
一度専門の病院で無料カウンセリングを受診して薄毛の原因をしっかり把握、
原因に見合った治療法をすることが一番適していると思います。
効果のない対策をやり続けていつの間にか髪がないと言う状態が同じ男としてかなり辛いと思うので汗
オトコラボというサイトに薄毛について色々記載がありました。
薄毛の原因
プロペシアという医薬品について
参考にどうぞ
◆10年以上前からAGAに効果があると認可されているのは基本的にフィナステリドとミノキシジル(外用)以外ありません。(最近ディタステリドも認定されましたが。)
つまり日本においてはプロペシア錠とリアップだけです。
日本皮膚学会(JDA)では、ミノキシジル5%の外用薬による治療を最高Aランクに位置づけ、AGAの治療時にミノキシジルを第一選択薬として用いるべきであるとしています。
また、医薬部外品の育毛剤によく含まれている成分であるアデノシン、t-フラバノン、ケトコナゾールなどは推奨ランクはC1、つまり「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」レベルとされています。ミノキシジル以上の効果などと言われているM-034はFDA(アメリカ食品医薬局)にも当たりましたが名前さえ見つかりませんでした。
その他、民間療法やサプリがいかにも効果のあるように謳われていますが、これらはAGAの根本原因に対する科学的根拠のある効果は皆無です。統計的に優位な根拠を持った実験や論文は見たことがありません。
ネットで検索するとフィナステリドとミノキシジルの副作用が必ず出るかのように不安を煽るページが大量にヒットするものの、どうみても医師や専門家ではなさそうなサイトが、日本の薬事法をクリアし医薬品として販売されているこれらの薬に対して、情報源を示さずに危険性を述べている点に首肯できませんし、薬の認可には膨大な資料や治験データが必要だと思うのですが、それをくつがえすほどの副作用事例を個人で集められたのだろうか、と問いたくなりますし、必ずと言っていい程最後には育毛剤のCMでしょう。。
服用タイプのミノキシジルの副作用は注意すべきかと思いますが、
(服用タイプは発毛剤として認可している国はどこにもありませんし、あくまで降圧剤として販売されているものを使用者が発毛剤として利用しているわけで、経口摂取での薬剤吸収率は皮膚への塗布の比ではないです。作用が強ければ副作用も強いので、血圧が正常な人間がそのまま飲むのは狭心症、めまいや立ちくらみ、動悸など注意すべきだと思います。)
ただ外用のミノキシジルは有効性が認められているものですし、
濃度の濃いものがより効果があり、使用ご12週目以降に顕著な効果があると実験結果があります。つまり最低でも3か月の使用以降です。また副作用に関しても2万人を対象とした実験において、ミノキシジル使用者とプラセボ群との間に優位な差は認められていません。ただ、実験の最終結果における患者の満足度で最高値を示したのはわずか12%のみとなっています。
つまり、ミノキシジルには確かに効果があるが、単体では限界がある、というのが個人的な解釈です。であれば、副作用の強い内服型にするよりもフィナステリドを併用した方がよっぽど現実的だろうと考えます。
フィナステリドについても副作用が煽られることが多いのですが、FDAの実験ではプロペシアを服用して勃起障害や性欲減退を感じた男性は945人中36人で3.8%、対照群としてプラセボを服用した934人中20人、2.1%が同様の症状を訴えたとあります。プラシーボ効果による思い込みでも2.1%が症状を訴えているという結果は、ある意味で副作用は誤差の範囲だろうとさえ思います。
いずれにせよAGA専門のクリニックであろうが町医者であろうがAGA治療に関してはこれらの処方が殆どであり、特に美容クリニックではその比率を変えたものや、ジェネリック薬品にビタミン剤やらを混合してオリジナル発毛剤などとして売りつけているのが大半です。
食事療法や(これはあらゆる生活習慣病に対して必要なものでしょう)民間療法、効果のわからない高価な育毛剤グッズやサプリを使うくらいなら、きちんと高価の実証されているものをまずは使用すべきでは?
副作用はどんな薬にもありますよ。
薬を服用し、自分にとってメリットのあるものを効能と言い、デメリットになるものが副作用と呼ばれているにすぎません。奇形児などの件などに関して言えば、風邪薬でさえ同様の危険はあると言えますしね。
かくいう私も、ハゲて人生を過ゴスことと服用することの影響を天秤にかけた上で服用を選びました。
◆脱毛を止める(進行)お薬ならあります。
皮膚科にあるのですが、
プロペシア錠やジェネリックであれば、フィナステリド錠
です。
5000円~1万円位です。
皮膚科にも脱毛に効くお薬があるので相談されると
良いですよ。
市販のものは、効果が下がりますので・・・
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!