塗るタイプのミノキシジルからミノキシジルタブレットへの移行につい

塗るタイプのミノキシジルからミノキシジルタブレットへの移行について
二十代前半の若ハゲです。11ヶ月前からフィンペシアと塗るタイプのミノキシジルを併用しています。 効果はそれなりに実感でき、改善はされたのですがM字部分がどうしても生えてこず、濡れると残念なことになってしまいます。
調べてみると、塗るタイプのミノキシジルよりもミノキシジルタブレットの方が効果があることを知ったので試してみようと思うのですが、11ヶ月塗るタイプのミノキシジルで耐性ができている状況でミノキシジルタブレットへの移行はM字部分に効果があるのでしょうか?
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
M字なら薬用プランテルはどうですか?
薬用プランテルはM字型に悩む人のために開発された、厚生労働省認可の薬用育毛剤です。
M字型の原因とされる男性ホルモンに対抗する成分「ヒオウギエキス」が贅沢に使用されており、3大育毛成分「センブリエキス」「セファランチン」「グリチルリチン酸2K」と7種の自然由来の成分を配合しされ発毛を促します。
髪をしっかりとロックできずに脱毛が早まり、さらに栄養(血流)が送られないために新しい髪も細くなってしまう。これが薄毛のメカニズムです。
薬用プランテルの有効育毛成分は、「脱毛をブロックする機能」と「毛生促進・発毛促進による攻める機能」を複合的に組み合わせることで、乱れた毛髪周期を本来の姿へ導きます。
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!