プロペシアでEDの副作用が発症してしまった人の末路 プロペシアでEDの

プロペシアでEDの副作用が発症してしまった人の末路
プロペシアでEDの副作用を発症した場合、治療するのは非常に困難です。これはプロペシアが脳髄液内の男性ホルモンまで作用してしまい、後 遺症となってしまうからです。海外ではプロペシアの後遺症をポストフィナステリド症候群(PFS)と呼び、多く方がPFSで悩んでいます。プロペシアの副作用を発症した人でその後を追った試験では、89%の人が服用を中止したあとでも後遺症としてEDが永続的に続きました。
PFSの中では有名な話をご紹介します。
イギリス在住の30代の男性がプロペシアによって人生が狂ってしまって話です。その男性はひどく薄毛に悩んでおり、病院に相談に行くとプロペシアの服用を薦められた。その時には2%の副作用が発症する可能性があると説明を受けており、それほど低い確率ならと服用を開始。
服用を開始してから6週間、彼は精神に変調をきたし、だんだんと引きこもりがちになっていきます。そこで男性のガールフレンドはプロペシアの服用をやめるように懇願しましたが、その男性はプロペシアの服用を続けてしまいました。その後、男性は強烈な副作用に襲われます。
「まずは一週間、プロペシアの副作用で眠れなかったんだ。不眠症を治療するためにまた新しく薬を処方してもらわなくてはいけなかった。」
「私が彼女と性行為を行おうとした時、頭は興奮していても体は全く反応しなくてダウンしたままなんです。」
「脳とペニスの接続が切れてしまったようで信じられませんでした。」
「次の週には私のペニスがはるかに短くなっていたのです。」
その後、彼はプロペシアで発症したEDが原因でガールフレンドと破局してしまいました。追い打ちをかけるように、彼女が妊娠していることが発覚します。彼はプロペシアの副作用でかなりのショックを受けており、将来について途方にくれています。
プロペシアでEDになった時の対処法
プロペシアでEDになった場合はすぐに服用を中止しましょう。服用を継続した場合、先ほど紹介した男性のように重度のEDやペニスが小さくなるなど症状が重くなる可能性があります。海外の権威ある医学誌に掲載された研究では、健康な男性がプロペシアの副作用を発症し、服用を中止したとして少なくとも3ヶ月間は副作用が持続したと発表されています。これは後遺症が残らなかった場合ですが、最低でも3カ月は様子をみてみましょう。
もし、3カ月たってもEDが改善しない場合、ポストフィナステリド症候群(PFS)の可能性が高いです。現状ではポストフィナステリド症候群になった場合、治療法が確立していませんので完治するのは難しいと思います。個人で治療するのは無理なので、メンズヘルスクリニックなど内分泌系に強いクリニックに相談に行くしかありません。
また、EDの対処療法としてPDE5を抑制するという方法があります。PDE5とは勃起を抑制する酵素のことで、この酵素を抑えることで勃起を促すことができます。PDE5阻害薬として日本で有名なのはバイアグラですね。ただ、バイアグラも副作用がある医薬品ですので、プロペシアでがたがたになっている体に使うべきではありません。また、バイアグラの作用は一時的ですので根本的な解決にはなっていません。
現時点でPDE5を阻害が確認されている天然物質は「クラチャイダム」のみです。クラチャイダムのサプリメントなどでじっくりEDを改善していくのも方法の一つですね。クラチャイダムのサプリメントはまがい物が多いので純度100%のものを選びましょう。
ちなみに、プロペシアの服用を中止すると脱毛が進行し、元の状態に戻ります。後遺症かハゲかの究極の選択ですが、後遺症は命にかかわりますので髪のことはあきらめられるか、バイタルウェーブなどの成長因子を配合している育毛剤で維持していくしかないでしょう。
おとっち
プロペシア
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
これは、ぜひ、《知恵ノート》に、記載されてください。
◆イケメンとブサイクでは
恋愛の難易度は全く変わりますか?
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!