40代の男性です。 生え際から抜け毛が始まり、 髪全体が薄くなってき

40代の男性です。
生え際から抜け毛が始まり、
髪全体が薄くなってきたので、
育毛剤を使おうと思っています。
育毛クリニックに通ってまでケアしよう
とは思っていません。 育毛クリニックでは、AGA治療薬を処方してくれるそうですが、
友人からAGA治療薬には副作用があるので使わないほうがよいと
言われました。
最近は、AGA治療薬よりも強力な育毛剤も出ているそうですが、
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、
アドバイスをいただけませか?
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
質問者の方が言われるように、医薬品のAGA治療薬には副作用が
あります。
育毛クリニックなどで主に処方される医薬品には、フィンペシア
(プロペシア)とミノキシジルです。
フィンペシアは、脱毛因子である男性ホルモンDHTのはたらきを
抑制し、ミノキシジルは発毛を促進するはたらきがあります。
しかし、本来どちらも育毛・発毛剤として製造された医薬品では
なく、フィンペシアは前立腺肥大症、ミノキシジルは高血圧症の
治療薬として開発されました。
そのために、フィンペシアは勃起不全などの男性機能の障害、
ミノキシジルは低血圧の症状や頭皮に炎症を起こすなどの副作用
が生じます。
これだけの副作用があることが分かっていながら、育毛クリニック
などで処方される理由は、副作用が生じたら止めればよいとか、
とにかく即効性のあるほうがよいなどの安直な考え方からです。
特に、フィンペシアは使用後も勃起障害などの後遺症が残るため、
海外では医療訴訟も起きています。
しかし、現在では、AGA治療薬よりも強力な天然植物由来の成分が
いくつかありますので、列挙してみます。
・アルガス-2:2つの渇藻エキスを凝縮配合した成分
・キャピキシル:アカツメクサが原料。
・リデンシル:セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキスなどが原料
・ピディオキシブル:キャピキシルを化学変化させた成分
・M-034:北海道産三石昆布が原料
・カプサイシン:唐辛子が原料
以上、強力な順に並べましたが、これらの天然植物由来の成分が配合
された育毛剤は、医薬部外品や化粧品です。
よく誤解されていますが、医薬品が医学部外品や化粧品よりもすぐれた
効果があるわけではありません。
医薬品・医学部外品・化粧品の違い:
医薬品は、化学物質が配合されていて副作用が生じる可能性が高いのです。
ですから、AGA治療薬よりも強力な天然植物由来の成分が配合された
育毛剤を使用するべきです。
また、本気で育毛をお考えでしたら、育毛剤を使用するだけでなく、
食生活の見直しや生活の中に有酸素運動を取り入れるなど、育毛の
ための生活をしていくべきです。
そういう私も50代で頭頂部ハゲ悩んでいましたが、本気で育毛生活
を送ることで10ヶ月ほどで著しく改善しています。
よろしければ、育毛剤や育毛生活全般については、こちらのサイトを
ご参考になさってみてください。

◆goldmagic3748さん、はじめましてこんばんは。
私も40代、現在44歳です、
私は、26歳の頃に抜け毛を気にし始めました。
アデ〇ンスでは育毛をア〇トネィチャーでは
増毛体験を2度したことがあります。
育毛剤を購入して自宅でケアをした事も当然あります。
正直申し上げて、自宅でやった方法が1番効果がありました。
育毛は正しく行えば、結果は出てきます。
以下のURLのブログで、もう少し詳しく具体的な自宅で
出来る育毛法をご紹介しています。
もし良かったら拝見してみてください。
2万円くらいした情報商材のネタも多く書いています。
きっと参考になると思います。
◆近年注目を集めている「キャピキシル」という成分を使った育毛剤があります。
ミノキシジルやフィナステリドのように、医薬品というポジションではありませんが、「ミノキシジルより効果あり!」という評価もあるようです。
いくつものメーカー、会社が育毛剤の成分として採用しているので、効果も期待できるのかもしれませんね。
キャピキシルとは
◆40過ぎの常識ある方と思いアドバイスさせていただきます。
「そんな物はこの世に存在しません」。
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!