当方性同一性障害(MtF)で悩む者です。 女性ホルモン投与を昔から考え

当方性同一性障害(MtF)で悩む者です。 女性ホルモン投与を昔から考えていましたが、血栓症などのリスクが怖くてずっと考えている時期を過ごしていたところ、髪が今度は男性型脱毛症(前髪が後退)になってきてしまいました。
この場合、男性型脱毛症の治療と女性ホルモン投与を同時に行うか、女性ホルモン投与を優先して女性ホルモンによる薄毛の治療も合わせて行うか、または男性型脱毛症の治療を優先するか、どれが良いでしょうか。
男性型脱毛症のサロンに行ってみても、私のような事例はなく、困っております。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
性同一性障害の方は医療機関に継続してかかられているのでしょうか?
副作用のリスクを考えてホルモン療法を受けていないという感じでしたらホルモン療法を受ける環境が整っていなさそうな、そんな感じには思えるのですが。
ともかく、性同一性障害の治療をどうするかについてはガイドラインに沿って治療を進めて精神的なケアもみてもらえる医療機関で、きちんとそこで相談して決めていくのが一番だとは思います。
それから、男性型脱毛症の細かな治療については詳しくはないですが、男性型脱毛症としての女性ホルモンの投与と性同一性障害のホルモン療法を重ねて行うのはよくないとは思います。
さまざまな病気の治療でも複数の病院で連携のないままそれぞれの治療を行い、同じ薬や同じ効果の薬を使われたりすると副作用が出やすくなりトラブルの原因になりやすいと思います。
性同一性障害の治療は医療機関と相談の上で、男性型脱毛症の方は性同一性障害の治療も進めるのなら性同一性障害の医療機関と連携をして治療を行なえる医療機関の元で行うのがいいと思います。
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!