54歳 二人の子どもがいます。10年前から子宮筋腫で治療を受けて来まし

54歳 二人の子どもがいます。10年前から子宮筋腫で治療を受けて来ました。54歳になる少し前から出血が増え、貧血が酷かっだので偽閉経療法のリュープリン注射を行って来ました。 注射三回目の4日目頃から出血があり、このまま治療を続けるか、子宮全摘手術を受けるか悩んでいます。
あなたを裏切らない育毛剤はこちら
閉経の平均年齢は50歳くらいですが、個人差が大きく45~55歳くらいと幅があります。
出血が多いなどの症状がある子宮筋腫を持つ人は、55歳を超えても閉経しないことが多く、リュープリンによる偽閉経療法は困難なことが多いです。
リュープリンは薬の量が1.88というものと、倍量の3.75というものの2種類あります。体重が55kg以上、子宮筋腫が多数または大きい場合は、1.88では十分な効果がなく出血する場合があります。
1.88と3.75は、副作用は変わらず効果は3.75のほうが優れているので、海外では3.75が主流で1.88は発売されていないところもありますが、日本では3.75を使う医師は少ないです。
偽閉経療法中に出血するのは、粘膜下筋腫の場合にはよくあることです。この場合は、出血量が少なければ、そのまま放置してもかまいませんが、量が多い場合や不快に感じる場合は、1.88を使っているなら3.75に切り替えると止血することが多いです。
リュープリンはまれに「脱毛」という副作用が起こりますが、これは抗癌剤としての副作用ではありません。一般的な抗癌剤は、細胞毒性(増殖の盛んな細胞を攻撃する作用)が強く、癌細胞だけでなく毛根の細胞も障害されますが、リュープリンには細胞毒性はありません。リュープリンが抗癌剤として使われるのは、性ホルモンによって増殖する乳癌と前立腺癌だけですが、これらはリュープリンの「性ホルモンを抑制する作用」を利用したものです。
「6か月休薬後、再度6回の注射」を反復すれば、いつかは閉経しますが、休薬期間中は子宮筋腫は増大するので出血に悩まされる場合もあります。
質問者さんの場合、出血量が多く貧血も強いので、粘膜下筋腫か子宮腔内に隆起する筋層内筋腫があると考えられます。50歳を超えてから出血が増えてきたようなケースでは、6回の注射でそのまま閉経することは期待できないでしょう。
早く終結させたいなら手術がお勧めですが、粘膜下筋腫か子宮腔内に隆起する筋層内筋腫なら、子宮鏡手術で症状は消失しますから、子宮全摘しなくてもよいと思います。なお、子宮全摘なら開腹より腹腔鏡が優れています。
子宮全摘には、「子宮がなくなる」という子宮鏡にない利点がありますが、子宮鏡にはない特有の「手術に伴うリスク」もあります。
詳しくは、
◆リュープリンによる副作用で悩まされる人は、多いですね。
リュープリンは、婦人科疾患や乳癌に対して処方されるホルモン製剤です。
性腺刺激ホルモンの分泌を抑え、ホルモンに依存しているガンを抑制させる働きがあります。癌を無くす薬ではなく、癌の進行を遅らせ症状を和らげる効果があります。
リュープリンは、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気にも有効で、ホルモンの分泌を抑え、子宮筋腫の進行を抑える効果が期待できます。
ホルモンの分泌を抑える働きがあることがわかりましたが、気になるのは副作用ですよね。
リュープリン注射後の副作用は個人差が大きく、約2~3割の方が副作用を感じたというデータがあります。
リュープリン注射を行った翌日から、副作用の症状が現れる方もいれば、注射後1週間後に出た方など、個人差があるようです。
その副作用は、更年期障害のような症状で、うつ症状・ほてり・めまい・吐き気・不眠などが挙げられています。
また、体温調節ができなくなり、大量に汗をかくホットフラッシュに悩まされる方もおられます。
そして、リュープリンは抗がん剤の一種でもある為、脱毛の副作用が出る患者さんもいるようです。
統計的にみてみると、リュープリンの投与量が多い子宮内膜症の患者さんの方が、副作用を感じやすいようです。
これで子宮筋腫は改善されるのかなと不安になりますよね。
確かにリュープリン注射を投与することで、筋腫を小さくさせることができます。
リュープリン注射をすることで、小さくなった筋腫部分がポロッと取れて無くなったというケースや、子宮全摘出を免れることができ、筋腫部分だけを摘出することができたというケースも珍しくありません。
子宮筋腫や子宮内膜症の病気に悩む患者さんにとって、希望の治療法となることは間違いありません。
子宮は女性器官として一番大切な場所です。
決して、失うことがあってはならない場所に感じます。
リュープリン注射で、筋腫の進行を抑えられるのであれば良いのですが、やはり副作用がいつまでも続く為に止めたいと思う人もいますね。
リュープリンは、ホルモンの分泌を抑える働きがあるので排卵が止まり、閉経した時のように止まります。
それが、生理が止まることにより、更年期障害と似たような症状が現れ、体に変化を感じる方も多いようです。これが様々な副作用になります。
リュープリンによる副作用で辛いのでしたら、違うホルモン療法もありますから一度医師とよく相談されてみると良いと思います。
他にも治療法はありますからね。
①低用量ピル
②点鼻タイプ(スプレキュア)(ナサニール)
③ダナゾール療法(ボンゾール、錠剤タイプ)
④漢方薬
等があります。
辛い思いまでしての治療は嫌ですよね。
途中で切り替えて治療しても良いと思います。
リュープリンは、4週間に1回皮下注射しますが、1ヶ月に1回と言う点ではらくですが、有功成分がマイクロカプセルに入っていて4週間で徐々に効いてくるため、一度打つと副作用が強く出ても途中で調整出来ないのが難点です
薬の投与は、1クールを4~6ヶ月程度にとどめてあとは、半年間は休止します。
リュープリンは、4回で止めても大丈夫ですよ。
まずは、医師と今後について良く相談されてみると良いと思いますよ。
良い治療法が見付かると思います。
◆出血は少しではないですか?三回も打つとエストロゲンが低くなって内膜から出血することは少ないです。
キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス初回90%OFF!